注文住宅を建てる時に知っておきたい!ツーバイフォー工法の特徴

北米でポピュラーな工法

注文住宅を建てる際、デザインや間取りに注目してしまいがちですが、家作りに失敗しないためにも工法についても知っておく必要があります。家作りの情報を集めていると1度は「ツーバイフォー」という言葉を見るでしょう。ツーバイフォーとはアメリカやカナダなど、北米でとてもポピュラーな工法です。2インチ×4インチという角材のサイズを基本とし、家を建てていくことからツーバイフィー工法と言われています。

安定した品質を得られるのがメリット

ツーバイフォー工法のメリットとして挙げられるのが、「安定した品質を得られる」という点です。家作りに使われる角材のサイズが統一されているという以外にも、釘の大きさや打ち込む間隔など様々なことが細かく決められているのがツーバイフォー工法の特徴と言われています。家作りにおいて職人さんの腕が大きく関わってきますが、細かい部分まで決められているツーバイフォー工法なら腕に左右されず安定した品質を得られるのです。

耐震性にも優れている!

日本でマイホームを建てるという場合、耐震性という部分はとても気になるものです。実はツーバイフォー工法は、耐震性にも優れた工法と言われています。ツーバイフォー工法は別名「「木造枠組壁構法」と言われているのをご存じでしょうか。ツーバイフォー工法の場合、壁と床という面によって家を支えることになります。従来から日本で行われてきた在来工法は、柱と梁と線で家を支えます。壁と床で家を支えるツーバイフォー工法は、在来工法よりも地震が起こった際の揺れが軽減されるようです。もしもの時を考えた場合、耐震性の高い工法を選んで家作りを行っておいた方が良いでしょう。

間取り変更は難しいのでしっかり考慮しよう

大都市へ新幹線で直結する横浜の注文住宅の周辺は、港がとても近いため、他の都市にはない爽やかな街並みが楽しめるようです。