注文住宅の収納はどうする?快適な空間作りって?

イメージを膨らませよう

注文住宅は自分たちの希望を形にできるので、打ち合わせなどもとても楽しみなのではないでしょうか。収納に関してもこだわりがある方も多いですから、漠然と考えている状態を形にするためにこれまでの建築実績を収納の観点から見ていきましょう。どれだけあれば満足できるのか、場所はどの辺りに作っているのかなど、これまでの先輩方の収納を参考に自分たちの家のイメージを作っていきましょう。クローゼットや押入れだけでなく、床下や階段の下、壁周りなどを上手く使っているのを見ていると、それだけでも勉強になるものです。全てを取り入れる必要はありませんから、取捨選択して快適な家作りに役立てていきましょう。

作りすぎにも注意して!

設備や間取りを考えて、収納はたくさんあった方が困らないかなと思ってあちこちに作っていこうと相談をする方もいます。家族の人数が多いのならそれでもいいのですが、闇雲に作りすぎてしまうと部屋そのもののスペースが狭くなったり、見栄えが悪くなってしまって収納がメインの家という何とも言えない状態になってしまいます。主役はあくまでも収納ではなく家に住む家族の方々です。数も大切な要素ですが、使いやすさにも目を向けてみましょう。家の奥や2階の奥に広々と収納を作ってみても、そこまで行くのに億劫になって使いこなせないということもよくあります。家作りをしていると、使えないデッドスペースなども出てきますので、それらの場所を上手く収納に活用したりするのも賢い方法です。

大阪の注文住宅は多くのハウスメーカーや工務店があり、予算や目的に合わせて住みやすくなるように相談して依頼することが大事です。