ひとり暮らしを始める女性におすすめの賃貸物件のチェック方法

内覧時にぜひチェックをおすすめしたいポイント

ひとり暮らしを始める女性にとって、入居する賃貸物件の住人が気になるのは当然ですが、こればかりは暮らし始めてみないとわからないのが実情です。いざ入居してみれば、自分以外が全員男性という可能性もゼロとはいえず、可能な限り契約前に居住環境を知っておきたいところです。ですが個人情報保護に対する意識が高まるなか、こうした個人情報に関係する確認は、現実的に非常に困難です。ですが内覧時にいくつかのポイントに着目することで、その集合住宅の住人や入居後の生活環境を、ある程度見極めることが可能です。

建物が物語る生活環境

今日表札が掲げられた集合ポストも少なくなり、居住者の苗字すら容易に確認できない状況が加速していますが、隙間から見えるチラシなどの堆積状況から、居住者のライフスタイルがある程度推察できます。次に駐輪場の自転車を見ることで、性別を含めた推察が可能です。そしてゴミ集積場に回収指定日以外のゴミが無造作に放置されていれば、そのような入居者の存在が浮かび上がります。

またエントランスや共用部の通路に吸殻が転がっている、管理業者が掲出したマナーに関する警告文が目に付く場合、不審火を含めたリスクが懸念されます。同時にこうした共用部の汚れが著しい場合、管理会社の清掃を含めた管理体制に不安が否めません。照明が切れた、給湯器やエアコンが故障した場合などに、迅速な対応が期待できない可能性が懸念されます。このように家賃や間取りや利便性以外にも、安心して新生活をスタートさせるうえで、見過ごせないポイントは少なくありません。物件は雄弁に生活環境を物語っています。

北海道で暮らすなら、江別の賃貸物件がオススメです。北海道江別市は都心にも近く、生活しやすい地域です。