賃貸オフィスを借りる時のポイントは?交通の便が良くない物件はどう?

賃貸オフィスを借りるなら会社の業務内容を確認しよう

業務内容や利便性にしたがって賃貸オフィスを借りることが、業務を効率化でき、業績アップにつながるポイントです。駅を頻繁に使う企業の場合には、駅から近い物件を選んだほうが利便性が高くなります。また、社員が車での営業活動や移動を頻繁に行う企業の場合には、駐車場を完備している賃貸オフィスや、車の交通の便のいいところを見つけて借りることで、業績アップや営業成績アップにつながる可能性が高まるでしょう。

倉庫が必要となる職種の場合、貸し倉庫が近隣にあるところを選ぶか、倉庫つきの賃貸オフィスを選ぶことです。貸し倉庫か倉庫つきの賃貸オフィスにするかは、賃料や倉庫の広さ、サービス内容を考えて探すと利便性の高い物件を見つけやすくなります。

交通の便が良くない物件は利便性が悪いのか

賃料の安い物件のひとつに、駅から離れている物件、交通の便が余りよくない物件が挙げられます。交通の便が良くない物件は、営業活動に工夫が必要となりますが、セールスなどが訪れにくいため、内勤業務を効率よく行えるポイントとなるでしょう。

コンビニなども近隣にない場合には、社内の備品などは外回りの営業社員が購入するか、インターネット通販を利用すれば問題がありません。また、社員の昼食などは持参してもらうことを周知することで、納得して働いてもらうことが可能となります。通勤途中で買ってきてもらうなど、持参の方法は多数あるため、交通の便が良くないからといって、必ずしも賃貸オフィスとして利便性が良くないわけではありません。

港区と言えば日本で経済トップの東京の中でもトップクラスの立地。賃貸事務所 港区なら賃貸コストはよそより高くともそれを上回る成果が見込めます。